季節別のヘアケア

季節ごとに髪の為に気をつけるべきことは?

自由な時代の髪の毛事情

日常的に髪の毛をいたわっていますか。 普段何気なくやっている行動が、髪の毛にダメージを与えてしまっているということもあります。 少し意識するだけで改善できることもいっぱいあると思います。まずは、髪の毛のケアに関する基礎知識を確認していきましょう。

ヘアケアに関する基礎知識

近年、髪の毛はどんどん自由になってきています。
各々の好みに合わせた髪型や髪色を纏って生きる人々は、輝いてみえます。
髪の毛の色を染めただけで、不良とみなされる時代もありました。そんな固定概念は消えつつあります。
しかし、比較的自由になった現代でも、髪の毛に関することで理不尽な目に遭うことは、少なくありません。

「ブラック校則」という言葉を耳にしたことがありますか?
SNSを中心に、「この校則はおかしいのではないか」という声が上がってきています。
学校の規則という名目で、生徒に理不尽な要求が為されているようです。
特に目立つのは、髪色に関する校則です。
髪の毛の色まで、規則で縛り上げるのです。
生まれつき茶髪の人が無理やり黒染めさせられた、という話も聞きます。
日本人は絶対に黒髪だ、と誰が決めたのでしょうか。そこまでして「みんながみんな同じ」状態を作り上げることに、何の意味があるのでしょうか。
最近では就活のヘアスタイルも、前時代的すぎるのではないか、という批判の声が大きくなってきています。
規則は集団の風紀を守るために欠かせないものです。しかし、誰かを否定していいものでは無いはずです。
社会全体がバラバラになりすぎず、お互いの個性を認め合えるようにしていきたいものです。

髪色や髪型は個々の好みがありますが、髪質の良し悪しは基準が不変的だといえます。
いつの時代も綺麗な髪の毛は、男女ともに魅力的です。ぜひ、ヘアケアをはじめていきましょう。

春と夏のヘアケアで気をつけるべきこと

春と夏は、髪の毛のトラブルが多発しがちです。 これらの季節をどのように過ごすかによって、髪の毛の運命は全然違ってきます。 ある程度のトラブルは、未然に防ぐことができます。 いつものケアにプラスして、意識すべきことをまとめました。春と夏のスペシャルケアにお役立てください。

秋と冬のヘアケアで気をつけるべきこと

髪の毛にダメージを与える要素満載の春夏に比べ、秋冬は、髪の毛にとって過ごしやすい気候であるといえます。 しかしながら、ケアを怠ってしまうと、綺麗な髪の毛を保つことは難しいでしょう。 秋と冬、それぞれの季節に合ったヘアケアをお伝えしていきたいと思います。