季節別のヘアケア

春と夏のヘアケアで気をつけるべきこと

春のヘアケア

春は主に三つの対策が必要になってきます。
まず、紫外線対策をしましょう。夏ほど暑くないため油断しがちですが、紫外線によるダメージが大きい季節です。
日傘をさしたり、紫外線防止のケアグッズを使用しましょう。
次に、花粉対策です。花粉症の人以外にはなかなか実感が湧かないかもしれませんが、春は空気中を花粉が飛びまわっています。花粉が頭皮にくっつくとかゆみの原因になります。外出した日は、特に念入りにシャンプーをすることが大切です。
そして、ストレス対策です。春は変化が多い季節です。変わりゆく環境の中で知らず知らずのうちに、ストレスが溜まっているかもしれません。ストレスは抜け毛の原因になります。自分に合ったストレス解消法を見つけておきましょう。

夏のヘアケア

夏は主に三つの対策が必要です。
まず、紫外線対策が必須です。春に引き続き、紫外線量が多い季節です。髪の毛も日焼けするので、髪が脱色してしまうことがあります。髪の毛用の日焼け止めを使うと効果的です。
次に、湿気対策です。梅雨の時期は、髪の毛が膨張し不格好になってしまうことが多々あります。トリートメントを使って、髪の毛を内側からケアしていきましょう。
そして、匂い対策です。夏は汗をいっぱいかきます。汗は頭皮の油と混ざり合い、毛穴を埋めてしまいます。毛穴が埋まると、嫌なにおいが発生してしまいます。汗をかいたら放置せずに、その都度タオルで拭きましょう。濡れた髪は匂いやすいので、しっかりと乾かすことが重要です。