季節別のヘアケア

秋と冬のヘアケアで気をつけるべきこと

秋のヘアケア

秋は、一年の中で最も過ごしやすい季節だと思います。他の季節に比べてストレスも少ないです。
そんな秋に注意しなければならないことは、夏に受けた髪へのダメージです。
夏の強力な紫外線、汗による毛穴のつまりや蒸れなど、積み重なったダメージが一気に襲い掛かってきます。特に、頭皮には疲れがたまってしまっているので、しっかりマッサージしてあげると良いでしょう。
これらのダメージは、放置しないことが重要です。ヘアサロンなどへ行き、適切な処置を受けましょう。
夏に受けたダメージを除けば、最も髪の毛が安定している時期です。新しい髪色に挑戦するのに、最適な時期だとも言えます。
アフターケアといつものケアを怠らずに、新たな可能性を探っていきましょう。

冬のヘアケア

冬は主に二つの対策が必要となってきます。
まず、乾燥対策です。屋外は寒く、屋内は暖房によって乾燥しています。髪の毛は常に露出している状態なので、頭皮は無意識のうちに乾燥が進んでいます。頭皮が乾燥してしまうと、かゆくなったりフケの原因となります。屋外では冷たい外気に当たりすぎないように、ニット帽を着用すると良いでしょう。また、乾燥した頭皮のアフターケアとして、保湿成分が多く含まれたトリートメントを活用しましょう。
そして、静電気対策です。冬はほかの季節と比べて、静電気が発生しやすい季節です。静電気のせいで髪型が大きく崩れてしまうことは、とても悲しいことです。静電気を防ぐために、保水効果のあるトリートメントを使うと良いでしょう。静電気防止のスプレーなども販売されているので、試してみると良いと思います。